薄毛治療最前線

メインビジュアル

薄毛治療最前線

従来の薄毛治療の概要と問題点

大手かつらメーカーの調査によれば、2013年で日本国内で薄毛に悩む人は推定で約1,300万人、さらに大手毛髪クリニックのアンケート調査によれば、薄毛や脱毛が少しでも気になる人の人数は、約3,960万人というデータが発表されています。このように、程度の差こそあれ、薄毛で悩む人は多く、現在国内で利用できる薄毛の治療方法としては、育毛剤のほか、専門の医療機関等での治療薬や注射、植毛手術などが一般的となっています。

様々な薄毛治療の手段が多くの人に浸透するにつれて、近年では副作用のリスクが問題視されてきています。例えば、市販の育毛剤を使用して、頭皮に痒みが生じたり、ミノキシジル等の治療薬を服用することによって、血圧が急激に下がったり、体毛が全体的に濃くなったりといった副作用もゼロではありません。ミノキシジル配合の育毛剤(正式には発毛剤)リアップX5を発売している大正製薬が発表する副作用の発現率は8.7%と言われていますし、ネット上での検索でも、リアップを使って、肌の症状が悪化し、病院に通院することになった興味深い体験記などが投稿されています。

また、男性用の薄毛治療薬として有名なフィナステリドを使用したことにより、性欲が減退した、頭以外の毛髪が逆に増えた、さらに長期的な影響として胎児の健康問題の可能性も指摘されています。したがって、以上のような副作用のリスクをできるだけなくすために、新しい薄毛治療法が日夜研究されています。以下に、2016年に入ってから新たに発表された薄毛治療法に関する情報をご紹介していきましょう。

2016年に発表された新しい薄毛治療法とは

2016年に入ってから公表された新たな薄毛治療法について、ご紹介していきます。それぞれの治療法について、副作用が発生するリスク、期待できる薄毛改善率、総合的な評価の3点について、5段階評価(最高評価の場合には★5つ)をおこなっていますので、各リンク先の詳細情報と合わせてご覧ください。

まとめ

上記のとおり、2016年には薄毛治療を希望する人にとって注目すべき新たな研究成果が目白押しであることが分かります。具体的な治療法として確立し、その効果を自身で確認できるには、少なくとも4年ほど待つ必要がありますが、副作用リスクが比較的低いものが多いため、ぜひ期待して心待ちにしたいものですね。

ページのトップへ戻る