薄毛治療最前線

メインビジュアル

烏龍茶でできる2016年最新薄毛治療

烏龍茶と薄毛には、どのような関係性があるのか?

2016年3月に、株式会社 毛髪クリニック リーブ21(以下、「リーブ21」)より、烏龍茶には男性ホルモンを抑制する作用があることが確認できた旨が公表されました。もともと男性ホルモンを活性化させる酵素として知られる5α-リダクターゼ㈵型と㈼型が薄毛の発症原因となっていますが、「リーブ21」の研究結果によれば、烏龍茶のエキスを添加することによって、これらの両酵素の働きを阻害できたことが報告されています。したがって、烏龍茶には細く短い髪を丈夫な髪に変えてくれる育毛効果が期待できるといわれています。

烏龍茶といえば、有名な健康効果として、サントリーの黒烏龍茶で言われているような中性脂肪の低減効果がCMなどを通じて有名ですよね。さらに、黒烏龍茶の成分をカプセル状に詰めてサプリメントとして販売されているケースもあり、この分野では一つのポジションを築いていますが、さらに薄毛に効果があるとはいったいどのようなメカニズムなのでしょうか?

烏龍茶が薄毛治療に効果的だといわれている理由

2016年3月26日から29日まで開催された日本薬学会第136年会において、「リーブ21」は詳しい研究内容を発表しています。烏龍茶がなぜ薄毛治療に効くといわれているのか、具体的な根拠について見ていきましょう。

烏龍茶の育毛効果を証明する根拠として紹介された試験内容は以下の2種類となります。1つ目としては、実験用ラットを使った「5α-リダクターゼ阻害試験」が挙げられます。烏龍茶エキスを加えることにより、薄毛の原因酵素である「5α-リダクターゼ」の働きが阻害されたことから、既存の薄毛治療薬に使われている成分「フィナステリド」等と同様の働きが烏龍茶にもあることが証明されました。2つ目として、実験用マウスを使った育毛効果の検証テストがあげられます。2匹のマウスに男性ホルモンの一種である「テストステロン」を使って事前処置をおこない、片方のマウスだけに烏龍茶のエキスを投与して育毛状態を確認していったところ、烏龍茶エキスを加えたマウスで明らかに育毛が促進されたことが分かりました。以上のような試験結果から、烏龍茶は薄毛の進行を妨げ、育毛を促進する効果を有することが示唆されています。

烏龍茶を飲むことが薄毛対策につながるのか?

「リーブ21」の実験結果は、あくまでも烏龍茶のエキスを添加した場合に認められた効果であることから、実際にたくさんの烏龍茶を摂取したら薄毛治療効果が期待できるかどうかははっきりと分かっていません。例えば、仮にたくさんの烏龍茶を飲んだ場合、烏龍茶に含まれている有効成分が胃酸等の影響を受けることがなく、育毛効果を担保できるどうかはいまだ実験がおこなわれていないため不明です。現時点では、具体的な商品化を待つのが賢明だといえるでしょう。

烏龍茶を使った薄毛対策商品の実用化の目処は?

烏龍茶のエキスを市販の商品として薄毛対策に活用できる目途はいまのところ不明です。「リーブ21」の会員限定商品の中には、改良時に烏龍茶エキスを配合される場合もあるようですが、現時点では、烏龍茶エキスに特化した具体的な商品の製造・販売予定は発表されていません。

烏龍茶エキスを使った薄毛対策商品の具体的な実用化イメージは?

「リーブ21」の広報担当者の話によれば、近いうちに多様な形で、烏龍茶エキスを配合した商品製造の検討をおこなっているとのことです。現段階で研究が進んでいる烏龍茶エキスの「添加」をベースとすれば、頭皮に塗るタイプの商品が開発される可能性もあるでしょう。さらに、体内に烏龍茶エキスを吸収した場合にもその育毛作用が担保されることが証明されれば、ボトル入りの飲料として消費者に提供される可能性も十分に考えられます。

まとめ

ページのトップへ戻る