薄毛治療最前線

メインビジュアル

コラーゲンでできる2016年最新の薄毛治療

コラーゲンは薄毛にどのような影響を与えるのか?

加齢によりコラーゲンが減ってくることにより、薄毛が徐々に進行するといわれています。2016年2月5日に東京医科歯科大学が発表した研究成果によると、タンパク質である「17型コラーゲン」が不足することにより、発毛が抑制されるメカニズムが解明されました。

歳を重ねるにしたがって、頭皮にある各細胞のDNAがダメージ受け、「好中球エラスターゼ」と呼ばれる酵素が放出されることで、「17型コラーゲン」の分解が進み、コラーゲンの絶対量が少なくなっていきます。正常な状態であれば、コラーゲンによって、毛髪を作り出す毛包の基となる毛包幹細胞が保護され、発毛サイクルを保てるわけですが、コラーゲンの減少によって毛包幹細胞が十分に保護されず、毛包に育たずフケ等として排出されるようになります。そのままの状態を放置しておくと、徐々に頭皮にあるはずの毛穴が閉じて減少していき、最終的には消滅してしまうのです。

薄毛治療にコラーゲンが効果的だといわれる根拠とは?

東京医科歯科大学の西村栄美教授を中心とした研究グループによると、髪を作り出す毛包幹細胞が「バルジ領域」といわれる毛包のなかほどのエリアにあり、「17型コラーゲン」によって包み込まれていることで、正常な発毛を促す毛包が形成されることが分かっています。したがって、加齢によって「17型コラーゲン」が減少していることに気づいた時点で、投薬等の手法により「17型コラーゲン」の十分な量を担保できれば、若い頃と同様に黒々とした豊かな毛髪を保つことができると推測されます。

コラーゲンでできる具体的な薄毛対策とは?

薄毛対策に有効な作用が期待できる「17型コラーゲン」は、サプリメントなどの人工的に造られたものではなく、人間の体内で合成されるもののみが有効だといわれています。したがって、歳をとっても体内での「17型コラーゲン」の生成が正常におこなわれるような薬剤が開発されれば、長期にわたり理想の黒髪を維持できる可能性は高まります。

コラーゲンを使った薄毛対策の実用化の目途と具体的な形とは?

一説によれば、東京医科歯科大学では、薄毛対策に役立つ「17型コラーゲン」を摂取できる新薬の開発を5年から10年ほどかけて開発を進めていくとのことです。具体的なスケジュールについては、今後の発表が待たれます。仮に、新薬の開発が順調に進めば、薄毛の治療を希望する人々は、病院等で処方箋をもらい、入手できる時期が来るかもしれません。

まとめ

ページのトップへ戻る